愛するフライパン

まずは自分に合ったフライパンから

フライパンはいいものを長く使うか、それとも消耗品と割り切って安いものを使うかの二つに分かれます。

プロも愛用する鉄のフライパンや特殊加工のもの、有名メーカーのものはお値段が高いものが多いため、購入には慎重にならざる得ない部分がありますが、焦げ付きを防ぐテフロンやフッ素加工のものの中には1000円以下で手に入るものも多く、ホームセンターや大型のスーパーなどで簡単に手に入ります。

毎日の料理で使うものであるため、フライパンは自分の使いやすいものを選ぶようにしましょう。

それぞれのフライパンの素材によって使い方の注意は異なります。

調理道具は安くても丁寧に使えばそれなりに長く使えるものですから、フライパンに合った使い方を心がけるようにしましょう。

長持ちさせるにはフライパンについている説明書に目を通し、注意事項を読んでおきましょう。

コート加工素材やフライパンを構成する金属によって扱いはずいぶん違うので、選ぶ時の基準の一つにして、自分の生活態度や性格にあったものを見つけるのが長持ちさせる秘訣です。

プロが愛する「鉄」のフライパン

フライパンの素材として真っ先に挙げるならば、まずは「鉄」でしょう。

鉄のフライパンと聞くと、どうしても手入れが難しく、さびやすいと思っているのではないでしょうか。

確かに、レストランなどのオープンキッチンでずらりと並んでいる姿を見ることもありますし、使い込んだフライパンを使ってプロの料理人がおいしい料理を作る姿をよく見るのではないでしょうか。

確かに一般家庭で使うよりも、料理人が使うプロ仕様のイメージがあります。

手入れを間違えなければどんなフライパンよりも傷や熱に強く、扱いやすい利点があります。

手入れの方法も想像する以上には難しくなく、意外に簡単に扱うことが可能です。

おすすめのフライパン

そんな鉄のフライパンは、強い火力で一気に火を通すことも、いつまでも熱さが続くため、とろ火でじっくりと中まで火を通すような料理にも活躍します。

火の通り一つで料理のおいしさは格段に変わってきます。

今一つ焼き物がうまくいかないと思っているならば、ぜひ「鉄」のフライパンを使ってみてはいかがでしょうか。